しもやけの原因は?

しもやけは、最近では家の機密性が高まったり、暖房設備がよくなったので、昔に比べると少なくなっていますが、まだまだ冬になるとしもやけになってしまってかゆみに悩まされている人は多いようです。

しもやけはなぜできてしまうのでしょうか。血管が細い手や足の指先までは血液が運ばれにくいために、気温が下がって血管が収縮すると血が流れにくくなって炎症を起こしてしまいます。それがしもやけの原因です。足や手の指、耳、足の裏やかかとなどにしもやけができやすいですね。温まるとしもやけが痒くなるのは、冷えて血流の悪くなったしもやけのところに急に血液が流れるからです。

しもやけの原因には、体質が大きく関係しているといわれます。冷え性や冷えやすい体質の人は、血行が悪く、とてもしもやけになりやすいようです。しもやけの原因はそれだけではなく、血行不良、水分、ビタミン不足の3つが複合的に影響しています。冬でもコタツやカイロなどの暖房で足に汗をかくことがよくありますが、汗をかいた後にほおっておくと冷えてしまうこともしもやけの原因になります。栄養面では、ビタミンEの不足が影響するといわれています。

しもやけの効果的な治し方は?

しもやけを何とか治そうと思っていろいろやってみたけど結局治らなくて、冬になって1度しもやけになってしまうと、痒いのを我慢しながら、春、暖かくなっていつの間にか自然に治ってくれるまで待つしかない、とあきらめてしまっている人も多いようです。でもやっぱり痒かったり、痛かったりとつらいですよね。

しもやけの治療するのに何か効果的な方法がないか、ネットで調べてみると、皆さんいろいろな工夫をしているようです。

代表的なのは熱いお湯と冷たい水に交互につけるのを何回か繰り返す方法ですね。これは多くの人が1度はやったことがあるのではないでしょうか。そのほかに効果があったようなのは、食事に生姜を取り入れることや、漢方薬を使うこと、足のつぼなどです。足を冷やさないためには、5本指靴下と普通の靴下の2枚履き、夜靴下を履いて寝る、靴に中敷を入れる、お風呂で指のマッサージをするなどの方法が効果的なようですね。

軟膏薬を塗る対処法もあります。「サンクロン軟膏」、「ベルクリーン軟膏」、「ユースキンクリーム」などがいいみたいですね。
B002TK4B8Qサンクロン軟膏50g 【第3類医薬品】
健康食品


でも、かゆみが我慢できなかったり、腫れなどの症状がひどいときは、皮膚科のお医者さんに見てもらうのがやっぱり一番いいみたいです。塗り薬とビタミンEの飲み薬を処方してくれて、お医者さんの薬だけあってよく効くみたいです。

しもやけの対策と予防方法は?

しもやけの対策としては、なんと言ってもしもやけになりにくい体質を作ることが1番ですね。冷えやすい体質だと、どうしてもしもやけができやすくなってしまいます。血流を良くするためには、ウォーキングや縄跳びなどの全身運動で体を動かす習慣をつけたり、根菜類やにんにく、生姜、ニラ等の食べ物を多くとるようにして、体の中から暖めるようにすることがいいようです。春になってしもやけが治ると、痒くてつらかったことはすぐに忘れてしまいます。でも、冬になればまたしもやけができてしまいますよ。それからあわてて対策を始めるのではなくて、夏や秋のうちから、歩いたり食材にに気を使ったりといったことを始めておくことが大切ですね。

しもやけを予防するには、汗をかいたり水でぬれたらすぐに拭くようにする習慣をつけることがとても大切です。また、冬になる前からビタミンEの入ったサプリメントや薬を飲んでおくことも効果的なようです。サトウ製薬のペリドールなどの血行促進薬を塗って血流を良くしていく方法もあるみたいです。

毎年ひどいしもやけに悩まされている人は、しもやけになってしまう前の10月ごろにお医者さんに見てもらって薬を処方してもらうというのも、予防のためにとてもいい方法ですね。

ネットで見つけた治し方